読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなBPMは128。

なんか青いやつの、戯言。

モチベーションが死んでる。

www.youtube.com

 

モチベーションが死んでる。

 

4月はじめくらいから合同新歓なり、研究会なり、なんかやることめっちゃ多くて精神的にはほぼほぼノンストップで駆け抜けてきた結果、一旦疲れちゃった。(笑)

 

なんか、自分の中で一旦やる気がふっと消える感じあるよね。

 

って書いてたけど一番言いたいのはこの曲いいよねーーーってこと。

 

この「モチベーションが死んでる」って歌、中毒性あるよね。

この前行ったニコニコ超会議で作者のピノキオPが

「モチベーションが死んでる!!!」って叫んでて覚えた。

 

ついにけいしょーうがなーる

もちべーしょんがしんでる!

ひざにけいしょーうがあーる

もちべーしょんがしんでる!

もちべーしょんがしんでる!

もちべーしょんが〜しんで〜〜〜る〜〜

 

と言いつつも今日も遊んでました。

明日からもいつもどおり楽しく生きていきまーす。

デッドラインドリブン。

SFCの授業で脇田玲さんのコンピュテーショナルデザインっていう3,4年生向けの授業があって、それを1年の秋にとってたんだけど、授業火曜日で、課題の提出はなぜか来週までじゃなくて、木曜日だったのよね。

 

脇田さんいわく、「締め切りがあるからこその創造性だよ。デッドラインドリブン。」って言ってて。

まあつまり、課題出された時点で締め切り近いから、課題だされたらすぐ手をつけないといけないのよね。締め切り近いからこそ、だらだらせずすぐ集中して、いろいろ考えて作らなきゃいけない。

 

 

まあなんでこんなこと思い出したかって、明日までの課題で、公衆衛生について2000文字手書きで書いてて。

 

ひさびさに地元の図書館行って、医療系の本読みつつ書いてたんだけども。

まあ昼間から行ったからだらだらしてたんだよねー。

 

ちなみに図書館21時までなんだ。

 

気づいたら19時とかで、その時点でまだ400字とかで。

さすがにやばいと思って、そっからめっっちゃ集中した。(笑)

図書館閉まっちゃったら本見れないから、家帰ってもなんも進まないし、明日までだし、つまり今日図書館閉まるまでに書ききらなきゃアウト。

 

もーー必死になって書いて、20時55分くらいにやーっと書き終わりました。(笑)

 

 

ひさびさに、パソコンとかまったく見ないで、ひたすら目の前のものにで手書きで格闘したなー。この感覚良いね。

またちゃんと勉強したい。色々。

パソコン使って勉強する時も色々考えなきゃなー。

家でカレー食べると大体食べ過ぎて辛い。数学力。そして、熱中すること。

家で夕食にカレー出ると大体食べ過ぎちゃう。

大体ってかほぼ確実に。

いやカレーなんて絶対美味しいじゃん。

あと父親カレーのときちゃんとターメリックライスつくるからさ。

もうそりゃ美味しいよね。

てわけで毎回食べすぎるから気をつけて盛るのに、結局盛りすぎるっていう。

わりと序盤で

「あ、盛りすぎたな」

ってわかる。

毎回食べきるの苦しい。

このミス何回やったらちょうどよくカレー食べられるようになるんだろうなー。

 

 

話は打って変わって、数学について。

高校数学の問題解くの好きで、浪人のとき一番数学勉強してた(できるとは言ってない)くらいだった。

でも大学入ってからほんとに数学やらなくなって、ていうか全くやらなくなってしまって。

たまに友人が、弟から数学がわかんないから解説してと連絡が来るんだけど、ほんとそのときくらいになっちゃった。

そしてよ、そして。

その聞いてくる数学の問題、正直レベルは低くて、感覚的に、「あ、これすぐ解けるな」って思うんだが…

 

解けないんだよね。

公式とかなにやらなにまで全部忘れてるの。

 

悲しい。

結局めっちゃ調べてから返答する。

 

 

思い返すとさ。

 

浪人のときとか、毎日毎日ひたすら勉強してたわけで。

高校のときとかもう毎日毎日ひたすらバスケの練習してたわけで。(それ以外の記憶はあんまりない。勉強はしてない。)

 

バスケもそんなに上手くはならなかったし、偏差値もそんなに上がらなかったけど。

(それは頭を使わなかったから。) 

 

なにかをできるようになる、レベルを上げるには、それ相応の時間と、さらにそこへの熱中が必要だよね。と、改めて考えさせられました。

 

 

精進します。

 

 

バランサー。

さてさて、なんとなく落ち着いたからまたブログ書こうかなーと思った。

 

最近思う。人間関係について。

 

いや、人間関係について特に悩んでるとかじゃないんだけど、なんだろ、自分の立ち位置について、かな。

 

やっぱリーダー向いてないなー、プレイヤーなほうが得意だなーとか思うけど、

高校の時からちょっと違和感があったことがそういえばあったなと思い出して。

 

高校とかだと、どうしてもスクールカーストみたいな、そんな感じのがある。

クラスでも中心として、騒いでる人達もいれば、静かにしてる、世間的には陰キャラとか言われるのかな、そういう存在もいる。

なんか、意外と相容れない存在が、どうしても存在するなーって思ってた。

 

俺は、なんかわかんないけどどっちとも仲良くできたんだよね、(笑)

いや、おれが勝手に思ってただけなのかもしれないし、実はみんなできてたのかもしれない。でもなんか、どっちにも対応できたというか。うまいことどっちともバランスとれてたというか。

 

よくわかんないけど、、まあたくさんの人と仲良くできるならいいやーと思いつつ生きてた。

 

 

そして、この前の合同新歓。

安定感、とか安心感、とか、俺はそういう感じの存在らしい。

チーム内では、バランサー的な役割らしい。

バランサーになって!!と言われ、初めて気づけました。

俺のチーム内での役割は、もちろんwebではあったけれども。

 

そういう仕事面での役割だけじゃなくて、人間関係的な面での役割ってのもあったんだなーと。そして、俺はリーダーとして引っ張るのでもないし、ただ後ろからついていく(悪い意味ではない。良い意味)でもなく、バランサーとしての、中間的な役割というか、サポーターというか。

 

なんか、そういう面に気づくことができました。

 

全然文章まとまってないけど、そんな感じ。

 

以上、思いつきをただ文章にした戯言でした。(笑)

 

自分が何に動かされるのか。

自分は何を動力として動くのだろうか。

 

世の中の人は何を動力として動くのだろうか。

 

俺は、以前、6万5千円くらい溝に捨てたことがある。

TECH CAMPというプログラミングを学べるサービスがあるのだが、これを大学の授業があるにもかかわらず6月に受講していた。

できるだけ早く学びたいと5月の時点では思っていて、めちゃくちゃ焦って申し込んだ。もちろん自費。

だけど、個人的に、6月はとても忙しかった。

いや、自分で忙しくしたんだけど。

毎週土日はほぼ埋まってて、平日は学校あるし、平日ですらも用事があって、TECHCAMPというサービスを、何一つとして活用せず終わった。

 

いや、けっこう高いからね、もったいないじゃん!!ってなるはずなんだよ。

せっかく自分から金出してやってるんだしやらなきゃ!!

 

 

ってなると思ったけどならなかったんだよね。

結局金もらうわけでもない、手伝ってって言われたイベント手伝ったり、むしろ自分からスタッフ応募したイベントのスタッフやったり、遊んだりしてた。

 

 

はたから見ればただの馬鹿なんだけども、(笑)

 

これもまた一つ大きな学びになったなーって思っていて。

 

俺は"金"では動かないんだなーと。

俺にとって、"人"というのは重要な要素なんだなーと。

 

 

いや、誰とやるかが大事、だなんて当たり前なのかもしれないけど、この事実を身を以て知れたのはよかったんじゃないかなーって思ってる。てか思いたい。

 

 

 

いやーーにしてもTECHCAMPもっと真面目にやっときゃ今頃もっとプログラミングできたと思うなーーーーー馬鹿だなーーーーー(笑)

今も心に残るCM

CMって面白いよなーって思う。

その中でも心に残るCMがある。

 

まずはこれ。

www.youtube.com

ITの進化によって、失われたものもたしかにあると思う。

ITに関するものを勉強する身としては、そのことを忘れてはならないと思う。

でも、だからITを捨てるのか?いや、

「ITは、もっと幸せをつくれる。」

 

はい、このフレーズを聞いて、良いなって思ったから。(笑)

 

つぎはこれ。

www.youtube.com

あなたみたいになりたいと思っていた。

でも、あなたになるわけじゃない。

偉大な先輩たちのフォロワーになる必要はない。

自分だけのなにかを生み出す。

自分らしくいく。

 

最後にこれ。

www.youtube.com

街頭ビジョンやスマホなど、街中の様々なスクリーンを男女2人が駆け巡るCM。

なんか調べたら、「驚きを、常識に。」キャンペーンのCMらしい。

このCMを見て、父親が「こんなのできるわけがないからこういうの嫌い」って言ってたのがとても印象に残っている。

なんも言わなかった、いや、言えなかったけど、「いや絶対できるだろ科学技術なめるなよ」って心の中で思ってた。

1つ目のITはもっと幸せを作れるに通じるけど。

 

 

…みなさんは、なにか心に残るCM、あるのだろうか?

 

本物に触れたい。

2016/01/25/033902ブログ書くって言った日くらい流石に書く。

 

今年は、本物に触れたいな、って思ってる。

 

本でも、映画でも、ライブでも。

 

ちなみに今日はYYY vol.0.5に行ってきた。

yyy-official.com

全世代の音楽ファンに向けた最新型ライブ&パーティー「YYY」のローンチパーティーでした。チケットは前売りは全て売り切れ。

入場前も待機列できてた。

 

もともとクラブミュージックに興味持ち出したのはRe:animationが発端。

reanimation.jp

たまたま通りすがった時に、なんか本能的に感じるものがあった。(笑)

 

YYY vol.0.5はbanvox、kz、tofubeats中田ヤスタカの4人のDJを見れると聞いて、最速先行発売の12月上旬時点でチケット買ったよね…

banvoxは最近GoogleのCMの音楽作ってるよね。

kzはGoogleChromeのCMにもなったTell your worldだよね。

tofubeatsはまあ、色々?(笑)

ディスコの神様もDon't stop the musicもおしえて検索もCAND¥¥¥LANDもみんな好き。ちなみに全部流れた!

中田ヤスタカはもう言わずもがな。

クラブイベントって普通アンコールするもんなのか知らないけど、アンコールが起こって、いや流石にでてこないだろーって思ってたら帰ってきて、

「ではリクエストに応えてもう1曲かけまーす!」

って喋っててけっこう驚いた。意外と中田ヤスタカ喋ってくれるんだなって(笑)

 

Twitterにも書いたけど、1月下旬じゃん、けっこう寒いじゃん。

そのはずだけど中の熱気すごくて。てかキャパに対して人多すぎたよね。

真夏じゃないかと、俺も周りの人もみんな汗だくだったよ。

でもこれでもかというくらい跳ねまくったし、素晴らしい音響で全身で音楽浴びれたし、楽しかった。

 

YYY vol.1は夏にあるらしい。絶対行く。

 

 

以上、本物に触れるシリーズ、第1弾でした。(笑)