読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなBPMは128。

なんか青いやつの、戯言。

没頭しなければいけない、なんてことは頭ではわかっている。

没頭しなければいけない。

物事のある程度の上達には、没頭が必要だ。

 

そこには、純粋な気持ちしかない。

ただ、それをやりたい。

ただそれだけ。

それをやる理由とか、これをやったらどうなるとか、

成功した姿のイメージとか関係ない。

 

ただ、やりたいからやる。

没頭しているときはそうなっている。

 

今までなにに没頭してきただろう。

 

一番思うのは、高校生時代、バスケ部。

バスケットボールにおける、シュート。

高校時代、基本的に朝練は自主練で、強制される朝練はほとんどなかった。

 

朝練に来る人はそんなにいなかった。

朝練に来ないで朝から勉強している人もいたし、別になにが良いわけではない。

 

その朝練、基本的にみんなすることはシューティングだ。

1人でシュートの練習を普段はそこまですることはできない。

 

なんでかはよくわからないが、シュートは大好きだった。

 

朝練、自分らの代になってからは特に、よくもまあほとんど休まず平日5日間行き続けたなと思う。

でも、別に、ただ行きたかったから、行っていたのだ。

 

シュートが打ちたかったから。

 

本当に、バスケの、特に外からのシュートが好きだった。

(結局スリーの練習はあんまりしなかったからミドルシュートばっか上達したのだけれども。)

 

あのときは、ただシュートを打ちたくて、ただそれだけで毎日朝練に行っていた。

 

シュートを上手くなりたくて。

試合に出たいというより、シュートを上手くなりたくて。(笑)

 

シュート好きすぎて、本買ってシュートについて勉強したりもしていた。

シュートの極意みたいな、コービー・ブライアントが表紙の本。

 

あと、なんだかよくわからないDVDを買ってみたりもした。

(ここだけの話、すぐなら返品できたので返品したけど)

なんだっけなあ、古武術をバスケに応用する、みたいな。

 

なんだかよくわからないけど勉強して、それも身につけようとしていた。

 

 

これ、全部、シュート好きすぎて勝手にやったことだ。

 

これが、没頭なのだろうな、と思う。

 

 

没頭したい。

 

没頭しなければいけないことがあるのは、わかっている。

 

 

 

 

あああ〜〜〜没頭したい〜〜〜〜〜

 

雑念が多すぎるよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜